のぼり旗の通販サイトを利用する

いろいろな仕様ののぼり旗

目立つのぼり旗とは

通販で買うのぼり旗の加工について

のぼり旗は昇りとも言われ、縦に細長い布の長いほうと
上辺を竿にくくりつけたもの、輪を付けて竿に通したものを
台座に固定して標識や広告などに利用します。

のぼり旗は通販で注文することができます。
サイトにある商品の見本や価格を参考にして、見積もりフォームに
サイズや素材、チチの位置など、必要な条件を入力して注文します。

付けられる

絵や文字のデザインデータを送ることで、オリジナルののぼり旗を作ることができます。
また、広告としてはタペストリーも有効的です。

 

室内装飾様の織物として誕生したタペストリーの歴史


タペストリーとは壁にかける装飾用の織物の事で、11世紀の十字軍が
東方遠征の土産の一つだった手織り絨毯を部屋の壁に掛けた事が始まりです。


その華やかさと高い品質から、宮殿やお城を装飾する目的で
当時の貴族及び上流階級を中心に注目されました。


部屋を装飾するだけでなく、隙間風を遮ることで居住性を向上する効果も
あったようで、当初ドイツやスイスで生産されたものがヨーロッパに普及し
生産国も拡大し独自の発展を遂げていく14世紀から15世紀頃、
フランスにて発展した美術品としてのタペストリーは特に品質がよく
人気を集めており、各国に輸出されました。


大変上質なタペストリーですが、フランス革命の際にその多くが失われており
現存するものは大変貴重な存在です。


その後、16世紀以降作られたものが多く現存しており、それぞれが当時の暮らしを彩り、
歴史と文化を現代に伝える資料となっています。


現代は世界中の庶民の生活にも広く普及している雑貨としての色合いが強いですが、
これもまた現代の文化の形となって後世に残っていくと考えると面白く感じます。

消耗品であるのぼり旗をできるだけ長く使う


のぼり旗は、加工することで長持ちさせることができます。

方法は色々ありますが、生地を熱で溶かして切ると、生地の端がほつれにくなります。
風の強い場所では傷みやすくなるので、周囲を三つ巻きにして縫うことで補強することができます。

のぼり旗は室内で使用するときは、防災規定があるので、防災加工が必要です。
燃え広がりにくくなり、外での使用や火の気の心配がある場所でも安心です。
見積もりを依頼する
加工の内容により値段が変わってきますので、どのようなオプションを
つけるべきかが決まったら、見積もりを依頼してみましょう。
のぼりの専門サイトから、見積もりだけなら無料でしてもらえます。

見積もりフォームから、加工内容を指定することができますので
活用してみてください。