のぼり旗の通販サイトを利用する

いろいろな仕様ののぼり旗

目立つのぼり旗とは

ハーフのぼり旗は通販で買おう!

 「ハーフのぼり旗」のサイズは長さ90センチ、幅30センチで、
面積では通常の4分の1です。

通常ののぼり旗はセッティングに手間がかかり、かさばる点から、
最近はハーフサイズが新しい規格として注目され、需要を伸ばしています。 

ハーフのぼり旗を買うなら、なんといっても通販がお勧めです。
「大売出し」「SALE」など通年で使えるもののほか、「歳末特価」「ハロウィン」など
季節モノも取り揃えています。 大売り出し

価格は既成のもので、1枚500円~1000円程度で
購入できます。
また専用の竿も1本400円~500円程度。
のぼり旗とセットでの購入がお勧めです。

また季節モノは時期が過ぎるとアウトレット価格で割安になるので、
翌年に備えて購入しておくのも手です。 

歳末特価のぼり注意が必要なのは、通常サイズと違ってオーダーメード(特注)できる店が
まだ少ないことと、仮にできても割高になることです。

もちろん、通常とは異なる形のため、小さくても工夫次第では目を引きやすく
扱いやすいこともメリットとして挙げることはできますが、
設置や価格、使用状況が気になる場合にはまずは既製品を購入して、
通常サイズの効果を検証してから特注の検討をお勧めします。

 

孔版印刷の一種シルクスクリーンとは?

 

私たちの周辺にはあらゆる印刷物が存在します。
それらの印刷方法には、活版印刷やオフセット印刷、グラビア印刷など
様々な印刷方法があり、その他に、シルクスクリーン印刷方法があります。


このシルクスクリーン印刷について歴史を辿ると、孔版印刷の一種、シルクスクリーンは
ステンシル技法というのが原点です。


この継目がないスクリーン印刷としては、ステンシルは日本では
染色技術となり、1870年代にドイツ、フランスで実験的に開発されたものでした。


スクリーン印刷は、シルクスクリーンで刷られています。
第一次世界大戦後、アメリカにはチェーン・ストア・ショップというのが出現し、
数々の販売店の印象を共有するという考え方が生まれました。


同じデザインを繰り返し使うことによる販売効果による需要があり、
様々な物を複製するために、ディスプレー業者の間で
このシルクスクリーンという技術が進歩しました。


シルクスクリーンは多様性があり、スクリーン印刷のインクは紙やガラス、
金属などの様々な印刷素材に対応する多くのインクがあります。


このインクは大半の形状のものにまで対応し、他にも服やカーテンなどにも活用されているのです。
このように、私たちの身の回りにある様々な物が、このシルクスクリーンで刷られた
スクリーン印刷が使われ、多種多様に進展しています。