のぼり旗の通販サイトを利用する

いろいろな仕様ののぼり旗

目立つのぼり旗とは

通販でミニのぼり旗は買える?

のぼり旗といえば、紳士服のお店やパチンコ店、レストラン、
コンビニエンスストアなどの店先に設置されているのを
よく目にすることがあるものですが、かなり小さなサイズの
ミニのぼり旗というのを見かけたことがある人もいるでしょう。

新しい商品

これは、外ではお店の中で使われるタイプで、テーブルやカウンターの上などに
ちょっと置いておくことができるので便利です。


例えば、産地直売所であれば、レジの横に「全国配送できます」といった内容の
ミニのぼりを置いてみたり、ケーキ屋さんでしたら「新商品」「おすすめのケーキ」
などの内容で置いておくのも面白いのではないでしょうか。

独特のかわいらしさもありますから、お店の雰囲気づくりにも使えます。
なお、このミニサイズののぼり旗というのは、通販サイトで購入することができます。

横幅は7cm、高さは21cmという結構な小ささですから、色々なスペースに置くことができて
使い勝手が良いものです。

コンパクト

ちなみに、店内の色々な場所に置きたいと
思うこともあるでしょうが、通販サイトでは
たくさん購入すると1枚あたりの金額が
安くなることがあります。

注文する枚数によっては1枚あたり半額以下になることもありますから、覚えておくと良いでしょう。
また、通常はポリエステル素材で作られるのぼりですが、ミニサイズとして
少し個性を出したい場合は、綿など他とは違った素材を使ってみても
面白い味わいが出るでしょう。


日本に伝わったのはいつ?日本の綿の歴史


日本において綿(コットン)は8世紀末に伝来されたとされています。
それは『類聚国史』に見られる延暦18年(799年)7月の記述に記されています。

 

『類聚国史』(るいじゅこくし)というのは、平安時代に菅原道真によって
編さんがされたもので、西暦892年(寛平4年)に成立しましたが
その資料には蛮船に乗っていた南蛮人によって綿が日本に伝えられたことが記されており、
蛮船に乗っていた南蛮人というのはインド人のことで、このようなことから
インド人により綿が日本に伝えられていたということがわかります。


『類聚国史』日本における歴史書のジャンルのなかではもっとも古い歴史のある資料です。
現代の日本において、綿というのは衣類の繊維としても用いられているものですが、
およそ40パーセントの衣類が綿の繊維でできたものとされているほど需要の高いものです。


通気性が良く、肌触りなども良いことからも人々に親しまれている素材のひとつです。