のぼり旗の通販サイトを利用する

いろいろな仕様ののぼり旗

目立つのぼり旗とは

のぼり旗を通販で購入するメリット・デメリット

 店頭にのぼり旗があると、その躍動感とともに
活気を生み出し人の目につきやすく集客効果も上がります。


こののぼり旗は、近年ではネット通販によって、多種多様な企画(色・サイズ・文字・特注など)
の中から選ぶことができ、組み合わせを変えていくたけでも、各店舗にあった内容・雰囲気の
のぼり旗をひとつから注文することができるというメリットがあります。オリジナルで考える

一般の既製品ののぼり旗では他店との差別化を図る効力が
減ってしまいますが、このように組み合わせに変化をつけたり
完全なオリジナルののぼり旗を注文することによって、
他店と明確に差別化を図ることが可能となり、集客に結び付きます。


鯉のぼりの風習|子供の日に掲げる理由

日本は古くから受け継がれている習わしがあり、長い歴史の中で
大切にそのスタイルが継承されているものがたくさんあります。

 

5月になるとあちらこちらの空を悠々を泳いでいる鯉のぼりの姿は
今でも大切にされている習わしの一つでもあります。

 

鯉のぼりの風習を遡ると、戦国の世を経て江戸時代になると
端午の節句は将軍を祝う日となりました。


香りの強い勝負を飾って厄除けをするそれまでも行われていた習わしが、
勝負を連想させるために、総軍への縁起が良いと考えられたと言われています。


特に将軍に男子が誕生するとその男子のお祝いも一緒になされ、
お祝いの際に掲げられる旗指物が起源になっているのです。


江戸時代中期になると将軍家だけではなく一般の武士にこの習わしが浸透していき、
武家に男子が浮かれるとその家の家紋が入ったのぼりを立てるようになります。


その後商家の間では鯉は立身出世の象徴として考えられていたために、
立身出世を願って鯉のぼりを飾るようになったと言われています。

集客力アップのためにこだわって作りたいのぼり旗


オーダーのぼりのデメリットとしては、一般で販売している既製品を買うよりも
コストと時間を必要とするといった点です。

既製のデザインから選ぶ既製品のものであれば欲しいと思った時にすぐ購入でき、コストも安いといった
メリットがあると同時に、他店でも同じものを使用しているところも
多く見られるため、オリジナリティーの主張に欠けてしまいます。


オリジナリティーにこだわる必要がなく、その時に一番伝えたいことが
伝わればOKという状況での使用になるのであれば、既製品からの製作が
最も楽で安価に済むのでお勧めです。

使用目的により、製作方法も変わってきます。
店の第二の看板ともいえるのぼり旗は、慎重に選びたいものです。