のぼり旗の通販サイトを利用する

いろいろな仕様ののぼり旗

通販で中国語ののぼり旗を買うメリット

海外に行った時、日本語で書かれたのぼり旗を見ると
気になってしまいますし、店の中にも入ってみたくなります。


なぜなら、その店は日本人大歓迎の店だと思ってしまうからです。
最近、中国人観光客が日本にたくさん訪れていますが、中国人の爆買は終わったとも言われています。

しかし、爆買の一部は中国で転売する目的で購入しており、普通の観光客は
以前ほどではないにしても、継続して日本を訪れ、自分達が欲しい物を購入すると思われます。

多言語

そこで、中国人観光客に積極的にアピールする必要性がありますが、
一番手軽なのは中国語で書かれたのぼり旗を使う事です。

ただ、そのような物をどこに頼めばいいのか迷ってしまうと思います。
インターネットで検索すると、中国語でありきたりではない、メッセージ性のあるおしゃれな既製デザインのぼり旗を通販するサイトがたくさんあります。

通販ならどこに住んでいても頼む事が出来ますので、非常に便利ですし、
手頃な値段で注文することが出来ます。

 

中国人観光客を販売対象にしたい場合は中国語ののぼり旗がお勧めです。のぼり旗で伝えたいこと


現在では中国人だけでなく、多国からの観光客が増えていますので、
色々な言語で書かれたのぼり旗を並べてみるのも面白いかもしれません。
自分の知っている言葉が書かれていると、嬉しくなって興味を引きます。
その心理を、のぼり旗で活かしましょう。

 

旗の始まりは人類の歴史と密接に関わっている


旗のはじまりは紀元前3000年以上も前であると考えられています。
5000年以上前から存在しており、エジプト第一王朝の時代から現代に至るまで
形や用途を変えながら、常にずっと用いられてきたという歴史があります。


当時はポールの先端に彫刻を施した形状になっており、国内の地域区分を示す用途で使われていました。


古代の旗は、材質や形状において現在のものとは大きく異なっている部分が多いのが特徴です。
布でつくられた旗が使用されるようになった時期は、古代エジプト時代から下って
古代ローマ時代だっただろうと推測されています。


軍旗として使われたベルキシムと呼ばれる旗がもっとも古く、
軍のイラストやシンボルを真紅の生地にプリント印刷したものです。


それぞれの部隊の軍威発揚やシンボルとして用いられていました。
旗が日本に初めて伝わったのは、弥生時代後期だったと考えられています。


このことは、中国の書物でその当時の日本の物事の
有様や様子を記した魏志倭人伝に記されていました。